法人向けパソコンの中古を購入する

中古のパソコン購入のメリット

中古パソコン購入のメリットには様々なものがありますが、従業員の数が多い職場であれば、パソコンの導入に必要なコストを大幅にカットすることができます。最近では、比較的状態の良い中古の法人向けパ…

View More »

中古のパソコン購入のデメリット

パソコンは現代社会のビジネスに必須な機器であるため、業種を問わず普及しています。その一方で高額でもあることから、複数台必要なオフィスでは支出を低く抑える目的で中古パソコンを購入することがあり…

View More »

中古のパソコンの選び方

法人向けパソコンは現在では中古で購入する事が可能になりました。中古であれば価格が安く、経費の節約には非常に役に立つものですが、スペック面で心配される方もいます。しかし、年式が古くても法人向け…

View More »

法人向けパソコンは全て新品を購入する

自分でパソコンを作る自信がない人のためにBTOパソコンがあります

パソコンをいじりたいと思っていても、自分でパソコンを作ることに不安を感じてしまう人のために、自分で選んだパーツをメーカーが組んでくれるBTOパソコンがあります

新品のパソコンの選び方

仕事に問題なく使えるか考慮しよう

新品の法人向けパソコンを購入するときは、仕事で利用しているソフトウェアがインストールできるか確認しましょう。それは、ソフトウェアによって必要とするスペックが異なるからです。もしも、動かすのが難しいスペックのパソコンを購入してしまうと、ソフトウェアも買い換える必要があるので、余計な費用が発生してしまいます。また、『古いソフトウェアだけれど仕事には必須』というものがあるのなら、OSもしっかりとチェックしましょう。古いものは最新のOSには対応していないこともあり、インストールできたとしても、不具合が多くてまともに動かない可能性があります。そのため、場合によっては前の世代のOSが搭載されている法人向けパソコンの購入も考えましょう。

周辺機器との接続を考える

モニターやプリンターなど、新しい法人向けパソコンに買い換えたとしても、使い続けたい周辺機器もあるはずです。そのときは、それらに接続するための端子が備わっているか、確認してから購入しましょう。モニターの場合は、HDMIやディスプレイポートなどの端子があり、パソコンに側にも同じ端子がなければ映像を映すことはできません。プリンターの場合は、ほぼすべてのパソコンに搭載されているUSB端子を使うので繋げるだけなら可能です。しかし、USBには2.0や3.0などの規格があるため、プリンターの性能を最大限に発揮させたいなら、適切な法人向けパソコンを選ばなければいけません。ほかにもいろいろな周辺機器があるので、それらが使えるかどうか、事前にチェックしておきましょう。

© Copyright Corporate Computer Centers. All Rights Reserved.