中古のパソコン購入のデメリット

中古パソコンは性能の差が激しい

パソコンは現代社会のビジネスに必須な機器であるため、業種を問わず普及しています。その一方で高額でもあることから、複数台必要なオフィスでは支出を低く抑える目的で中古パソコンを購入することがあります。パソコンの性能は年々進化していますが、逆の見方をすれば数年前の年式の機器になると性能が大きく落ちてしまうのが問題です。機器によっては性能の差が非常に大きくなるので、安いだけで実務に対応出来ないパソコンを買ってしまう結果になってしまうことも少なくありません。法人向けパソコンは極端な値崩れがしにくいことから、性能が低い旧式の機器でもさほど安価にならないことがあります。そのため、価格だけで性能の高低を判断出来ないので購入の際は注意が必要です。

周辺機器やソフトが使えないことがある

中古パソコンはインストールされているOSが旧式の物があります。オフィスではコピー機などのOA機器をパソコンで制御していることが多く、業務に必要なソフトも複数インストールすることも珍しくありません。そのため、旧式のOSでは周辺機器の制御やソフトの起動が出来ない可能性があります。OS単体は高額なので、せっかく安価な中古パソコンを購入してもOSの入れ替えで却って出費が嵩んでしまうことになります。中古パソコンを購入する際は機器の性能だけではなく、インストールされているOSも確認するのが余計な出費を防ぐためのポイントです。特に複数台をまとめて購入する際はすべての機器が同じOSであることを厳守するのが業務の効率化に繋がります。

© Copyright Corporate Computer Centers. All Rights Reserved.